イライラ, セルフカウンセリング, 日記, 負の感情

出してスッキリ

チャーハン
こんばんは。

先ほどは、急なお誘いにも関わらず「座談会って複数でやるもんじゃないの?」とごもっともなツッコミも、参加してくれた貴方も、帰宅急いでくれた貴方も、知らずに偶々来られた貴方も有難うございます!
楽しかったし、思わぬお褒めの言葉も嬉しかったです。

さて、突然ですが、日常で汚い感情が湧いてきた時、貴方はどうしてますか?

巷のジョーシキでは「ポジティブな言葉を使いましょう。汚い言葉は口にだしてはいけません」らしいです(ギクっ笑)

では、嫌な相手にも「くたば…」など吐かずに、飲みこんで笑顔でしょうか?

私は、昔やな扱い受けた時、噛みついた以上に痛い思いを経験してから、無意識に諦めて飲みこむようになってました。
そうしていくとどうなるか。
当たり前ですが、汚い感情がどんどん溜まります。

そして、ガマンすればするほど、さらに汚い言葉を吐きたくなる出来事が起こり続けました。
「早くそれ出しなよー」って自分に気づかせる為に。

汚い感情を心から追いやるには、汚い言葉吐くのが自然なんです。
仕事だろうと、自分の尊厳まで傷つける相手にヘラヘラしてる場合じゃないんです。

(例のシリーズのように)吐き出すようになって気づいたことがあります。
1年ほど言動共にがまんしない生活に変えてからは、汚い感情が生じる場面に出会うことが減っていきました。

なので、嫌な感情が湧いたときは、そのまま吐く自分も許してあげてみてください。
スッキリしますよ^^
周りの誰かに愚痴っても叫んでもいいし、今いいづらい環境なら、佳音でよければお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です